ランキン good

コストコ、スタバ、コーヒー、100均など生活や身近な話題で気になったものを勝手にランキングして紹介します!

健康

認知症と物忘れの違い 認知症の原因となる病気とは

投稿日:2017年6月13日 更新日:

40代以上の方なら、こんな経験、一度や二度はあるのでは?

 「偶然昔の知り合いにばったり会ったけど、名前が思い出せなくて焦った!」

 「そういえば最近物忘れが多くなった気がする」

 「テレビに出ていたタレントの名前がなかなか思い出せなくて、イライラした」

 

そんなとき「もしかして認知症なのでは・・・」と不安に感じてしまう方も多いと思いますが、そもそも、認知症とはどんな状態なのでしょうか?

 

認知症とは「脳の病気が原因で日常生活に支障をきたす状態」のことを言います。

今回は、認知症と物忘れの違いや、認知症を引き起こす病気をご紹介します。

スポンサードリンク

認知症で影響を受けるのはどんな記憶?

記憶には、即時記憶、近時記憶、遠隔記憶の3種類ありますが、認知症で影響を受ける記憶と受けにくい記憶があります。

1.即時記憶

たった今、直前に起きたことの記憶のことで、いったん脳に止まっても必要なければ、すぐに消去される記憶。

→認知症でも影響を受けないことが多い

 

2.近時記憶

5分前、1時間前、前日など、最近起こったことの記憶のこと。脳の中の海馬がつかさどる記憶で、必要な情報だけが遠隔記憶として大脳皮質に保存される。

→認知症の初期から影響を受けやすい

 

3.遠隔記憶

10〜20年前、または幼児期、青年期の古い記憶のこと。

→認知症が進行すると影響が出てくる

 

単なる物忘れなのか認知症の疑いがあるのかチェック

では、物忘れなのか、認知症の疑いがあるのか、簡単にチェックしてみましょう。

「物忘れ」の特徴

体験の一部を忘れる

ヒントを与えられると思い出せる

物忘れに対して自覚がある

 

「記憶障害」の特徴

体験全体を忘れる

ヒントを与えても思い出せない

物忘れに対して自覚がない

新しいことを記憶できない

 

いかかですか?

自分で「物忘れが多い」との自覚があるうちは、大丈夫なことが多いそうです。

逆に、「物忘れが多い」と自覚がなく、例えば前の日に家族で外食をしたような体験自体を忘れてしまうようなことがあれば、認知症の可能性があると言えそうです。

ある体験自体まるごと忘れてしまうのは、脳の病気によって記憶をつかさどる部分にダメージを受けてしまうからなんです。

では、認知症を引き起こす病気にはどんなものがあるのか、発生頻度が多い順にランキングでご紹介します。

アルツハイマー病 

認知症を引き起こす病気の中で最も多い(認知症全体の約50~60%)のがアルツハイマー病です。

アルツハイマー病は、脳の神経細胞の外側に「アミロイドβ」と呼ばれるタンパク質がたまることにより神経細胞が死滅して、脳が徐々に萎縮していく病気です。

人の名前やその日にあった出来事などを覚える記憶(近時記憶)や、物事の手順や関係性を考える思考力が著しく低下するのが特徴です。

進行すると、言葉が出ない、服の着方や帰り道が分からない、といった症状が出ます。

スポンサードリンク

脳血管性認知症 

認知症の原因で2番目に多い(全体の約15%)のが、脳血管性認知症です。

脳こうそく、脳出血、くも膜下出血など、いわゆる脳卒中によって脳の細胞の一部が死滅することで、認知能力が低下し、日常生活に支障が出る病気です。

脳卒中の後遺症で体の麻痺が残ったり、アルツハイマー病と併発したりする人も多いそうです。

記憶障害や思考力の低下が見られ、脳の神経細胞が死滅した場所や範囲によっては、人格が大きく変化する事もあります。

レビー小体型認知症 

脳血管性認知症と同じぐらい多い(全体の約15%)のが、レビー小体型認知症です。

脳の神経細胞の中に「レビー小体」という赤い玉のような物質が蓄積することによって発症します。

記憶力や判断力の低下のほか、実際にはないものが見える幻覚が起きたり、筋肉がこわばって動作が遅くなったり、転びやすくなったりするなどの症状が出ます。パーキンソン病やアルツハイマー病と間違われることも多い病気です。

正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫 

認知症の原因で3番目に多い(全体の約10~15%)のが、正常圧水頭症慢性硬膜下血腫です。

正常圧水頭症は、頭の中や脊髄を流れる髄液が、脳の中心の脳室と呼ばれる場所にたまり、脳が圧迫されて、物忘れ、歩行障害、排尿障害などが起こる病気です。

慢性硬膜下血腫は、頭をぶつけたことによって、頭蓋骨の内側で脳を包んでいる硬膜と脳の間に徐々に血液がたまる病気です。

前頭側頭型認知症(ピック病)

認知症の原因となる病気全体の約5%を占めるのが、前頭側頭型認知症です。

人格や感情をつかさどる前頭葉、言語の理解をつかさどる側頭葉の萎縮が進む病気です。このうち、神経細胞にピック球と呼ばれる病変が生じるものを「ピック病」と言います。

残念ながら、この病気になる原因はよくわかっていないそうです。65歳以下の働き盛りの人に起こることも多く、早い段階で性格が変わり、社会的な行動がとれなくなって、対人関係や日常生活に支障が出ることがあります。

おかしいと思ったら早めにきちんと調べてみよう

認知症と物忘れの違いと、認知症を引き起こす病気の種類をご紹介しました。

もし、単なる物忘れと思えないような症状がある場合は、早めに病院を受診してきちんと調べてみましょう。

スポンサードリンク

-健康

執筆者:

おすすめトピックと広告

関連記事

体臭も防げる!?女性に嬉しいヨーグルトのすごい効果ランキング

家でヨーグルトが作れる「ヨーグルトメーカー」が大ヒットしたり、スーパーやコンビニにはたくさんのヨーグルトが並んでいますよね。ヨーグルトは、わたしたちの生活に欠かせないアイテムになっていますね。あなたは …

カラダにいい油ランキング キーワードはオメガ3

「オメガ3」って聞いたことがありますか? 少し前に話題になった青魚に含まれるDHAはこの一種で、魚類に多く含まれ、免疫機能の調整やアレルギー緩和、血液をサラサラにするなど、体にいい油の代表格です。 ス …

お腹を壊した時の食事どうしてる?お弁当メニューは?

私ごとですが「急性胃腸炎」になりました。3日前からお腹を壊して、2~3時間おきにキューゴロゴロ・・・すぐに治ると思っていたので、食事は普通に摂りつつ、いちおうビオフェルミンS錠を飲んでいましたが、3日 …

アイスクリームでダイエット!?食べてOKな理由とアイスの選び方

あなたはアイスクリームが好きですか? ランはアイスクリーム大好き!夏はほぼ毎日食べてます。 スポンサードリンク 実はアイスクリームが好きなのは私だけでなく、アイスクリームの売り上げは年々増えていて、こ …

糖質制限に向いてる果物は?柿の栄養成分は?高カロリー?

少し肌寒くなってくると、お店にも並ぶ柿。秋の代表的な果物の一つですよね。 子どもの頃はあまり好きではなかったのですが、年を重ねるにつれ、そのおいしさに目覚めてしまい、秋になると食べるのが楽しみになって …