ランキンgood

コストコ、無印良品、スタバ、コーヒー、100均など生活や身近な話題で気になったものを勝手にランキングして紹介します!

生活

洗濯物を早く乾かすには扇風機やサーキュレーターは必須?室内での干し方ランキング!

更新日:

スポンサードリンク

あなたは部屋干し派?外干し派?

普段は外干し派の私ランですが、梅雨どきや秋の長雨シーズンなど雨の日でも洗濯をしなければならないときは、やむなく部屋干しです。

部屋干しは、へたをすると生乾き臭がついてしまったり、乾かすのが大変ですよね。(洗濯ものをためすぎているのかもしれないけれど、、、)

そこで今回は、私ランも実践している、洗濯物を早く乾かすための干し方をランキングでご紹介します!

スポンサードリンク

扇風機やサーキュレーターを使う 

とにかく洗濯物を早く乾かすためには、空気の流れを作ることがポイント!

広い部屋に洗濯物を干すと、部屋中が湿っぽくなってしまいますよね。

そうすると乾かす時間もかかってしまうので、湿気を広げないよう閉じた狭い空間に干して、扇風機やサーキュレーターで風を送ります。

部屋干しには、扇風機やサーキュレーターを使うと、乾くまでの時間が全然違います!私は冬でも、サーキュレーターを使ってますよ~!年中出しっぱなしです(笑)

洗濯物同士はくっつかないよう、なるべく隙間をあけて干すと乾きやすいです。

部屋干しするときは、一度にたくさんの量を洗わないことも大事!!

厚みのあるハンガーを使う 

早く乾かすためには、洗濯物が風にあたる面積を多くしたり、風が通りやすくなるように干すことも大事です。

そこで、Tシャツなどを干すハンガーも一工夫。

クリーニング屋さんのワイヤーハンガーのような薄いものではなく、スーツをかけるときに使うような厚みのあるハンガーにすると、風の通りが良くなりますよ。

スポンサードリンク

ハンガー2本使い 

乾きにくいものは、必殺ハンガー2本使いで!

フードと身頃の重なった部分がなかなか乾かないパーカーは、ハンガーを2本使い、フードを持ち上げて、もう一方のハンガーに留めます。(ピンチがついたスカート用のハンガーがあると便利です)

脇も乾きにくいので、前方にもう1本ハンガーを置き袖をもたれ掛けさせる、必殺ハンガー3本使いも!

シーツもハンガー2本使いで早く乾かすことができます。

ゴム入りのシーツはハンガー2本にU字になるようにかければ、空気に触れる面積が増えます。

ゴムが入っていないシーツは、ピンチハンガーを使ってじゃばら状に干したり、裾をずらす三角折りにして干しましょう。

デニムを早く乾かすコツ 

部屋干しするときにデニムを洗うのは避けたいところですが、、、デニムは、ピンチハンガーに筒状に干して、風に触れる面積を増やします。

また、デニムはポケットが乾きにくいので、裏返して干すと早く乾きます

外干しのときも、私はいつも裏返して干していますが、表のままよりも断然乾きがいいので、おすすめです!

部屋干しのコツは空気の流れにあり

部屋干しで早く洗濯物を乾かすコツは、空気の流れを作ることなんですね。

タオルも、わざと裾をずらして干したり三角ハンガーの肩にかけて、空気に触れる面積を増やし、そこに扇風機やサーキュレーターで風を送るといいですよ!

ぜひお試しください♪

スポンサードリンク

-生活

執筆者:

おすすめトピックと広告

関連記事

ららぽーと富士見 食事券が当たるハロウィンキャンペーン

スポンサードリンク ららぽーと富士見で、ハロウィンのキャンペーンをやっています! ハロウィンをステキに盛り上げているショップを選んで投票して、投票したお店が見事1位に選ばれたら、抽選で「ららぽーと・ア …

賞味期限 夏は注意しなければならない食品ランキング

スポンサードリンク 梅雨明けして、各地で35℃以上の猛暑日にもなるこの時期、食べ物の保存や賞味期限が気になりますよね。 常温保存でも大丈夫と言われている食材や調味料も、暑い時期には注意したほうがいいも …

IKEA(イケア)のLENNART引き出しユニットを買いました!

スポンサードリンク イケアは自分で組み立てる楽しみがありますよね。しかも、ドライバー一本でOKという商品が多いのもいいね。 さあ、今回はLENNART引き出しユニットです。 目次1 商品情報2 パッケ …

人気まな板カットバリア1年使って良かった点悪かった点を本音レビューしちゃうよ

テレビで取り上げられて、ネット通販でも大人気のまな板「カットバリア」。 私は「月曜から夜ふかし」でレジェンド松下さんが紹介して、マツコさんが「これ、すごい良い!」と感嘆しているのを見て、次の日にポチっ …

日焼け止めで痒くなるあなたへ!かゆくならない日焼け止め選びのポイント3つ

  女性にとって夏は、日焼けが気になる季節でもありますよね。 紫外線量は5月ぐらいから増えるので、早くから日焼け止めを塗って対策をしている方も多いと思いますが、日焼け止めを塗って、肌がかゆく …